たなしぐらし

2022年11月に西東京市の田無に引っ越しました。田無での生活を発信するブログです。

「たなしぐらし」は移転しました!!
https://tanashigurashi.com/ です!

2022年11月に西東京市の田無に引っ越しました。
筆者の日々の暮らしと田無の情報を発信するブログです。
ヘッダの絵は筆者とピクミンです。妻が描いてくれました。

卵とじそばの栄養素解説!栄養バランスを知って美味しく食べよう

今回もChatGPTさんにご協力を得させていただきます。

 

私が作った卵とじそばを

ChatGPTさんに栄養素を解説してもらいました。

 

卵とじそば

 

こんにちは、栄養管理士のChatGPTです。今回は、卵とじそばの栄養素について解説します。

 

はい、よろしくお願いいたします。

 

卵とじそばは、そば、いりこ、ネギ、たまご、白菜、めんつゆを使った、栄養バランスの良いメニューです。また、だしに使ったいりこは、そのまま食べることができるため、栄養価も高くなっています。

 

そうだったんですね。

 

出汁で使ったいりこをそのまま食べるやり方は
奥薗壽子さんのYoutubeの動画を見て知りました。


www.youtube.com

 

まずは、卵の栄養素について解説します。卵には、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンDビタミンB2ビタミンB12葉酸、カルシウム、鉄などの栄養素が含まれています。特にたんぱく質は、筋肉や骨、内臓などの細胞を作るために必要な栄養素であり、適切な摂取が必要です。

 

最近卵高いっすね。

卵の栄養は優秀。

 

次に、そばの栄養素について解説します。そばには、食物繊維、ビタミンB1ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸ナイアシンカリウムマグネシウム、鉄などの栄養素が含まれています。特に食物繊維は、腸内環境を整えるために必要な栄養素であり、便秘予防にも効果的です。

 

業スーの1袋20円くらいのゆでそばに
そんな栄養価を求めていません。

 

さらに、いりこの栄養素について解説します。いりこには、たんぱく質、カルシウム、鉄、亜鉛ビタミンB1ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12などの栄養素が含まれています。特にカルシウムや鉄は、骨や歯、血液などの様々な場面で必要な栄養素です。

 

出汁につかったいりこは取り出してもいいんだけど
今回は一緒に食べました。

 

取り出してもいいんだけど
もし取り出したら
レンジで水分を飛ばして
しょう油をかけて食べると
パリパリしておいしいよ!

 

ネギには、ビタミンC、ビタミンK、食物繊維、カリウムなどの栄養素が含まれています。白菜には、ビタミンC、ビタミンK、食物繊維、カルシウムなどの栄養素が含まれています。

 

ネギたっぷり入れました!

白菜にカルシウムあるの?

 

次に、めんつゆの栄養素について解説します。めんつゆは、一般的に醤油やみりん、砂糖、だし汁などを混ぜ合わせて作られる調味料です。めんつゆに含まれる栄養素は、塩分が多く、たんぱく質やビタミン・ミネラルはほとんど含まれていません。そのため、めんつゆを使用する場合は、塩分を控えめにするなど、摂取量に気をつける必要があります。

 

めんつゆは甘え。

今回は業務スーパーで買ったワダカン株式会社の「つゆの素 3倍濃縮」を使っています。

 

以上のように、卵とじそばには、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンDビタミンB2ビタミンB12葉酸、カルシウム、鉄、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB6、ナイアシンマグネシウム亜鉛、ビタミンC、ビタミンK、カリウムなどの栄養素がバランスよく含まれています。

 

なんかすごい料理に思えてきた。

 

ただし、卵とじそばは、めんつゆや塩分の摂りすぎにより、高血圧やむくみの原因となることがあります。そのため、めんつゆの摂取量には気をつける必要があります。また、卵やいりこなどのたんぱく質が多く含まれているため、アレルギーのある方は注意が必要です。

 

めんつゆは甘えですから。

そばアレルギーの人は食べちゃいかんね。

 

最後に、とある日のランチに食べた卵とじそばは、栄養バランスがよく、おいしくいただけるメニューでした。ただし、塩分の摂りすぎには注意が必要です。ごちそうさまでした。

 

うん、おいしくいただけました。

 

今回は、卵とじそばの栄養素について解説しました。栄養バランスの良い食事を心がけ、美味しく健康的に食事を楽しみましょう。

 

医食同源って言うからね。